Generic-Minimalist

後発ミニマリストの十六夜(izayoi)がミニマリストになって生活を改善しているブログ。

【朝ブログ】朝活のススメ。

f:id:einhander1341:20171114044249j:plain

僕は毎朝4時に起きている。これには様々な理由があるが、これをやってよかったことを話そうと思います。

写真は、2017年1月1日(元旦)の初日の出。(三重県津市S漁港にて)

 

朝早く起きると、時間を支配しているという感覚を得ます!

朝早く起きるといいこと。

朝を制する者は1日を制す。

まずは疲れから話します。人間の疲れは、早く眠れば早いほど疲労の回復が早いと聞きます。

その結果、必要な睡眠時間も少なくて済むというものです。

 

きっかけは2つ。

まずは、iPhoneのOS、iOSがアップデートされた時に、時計機能からベッドタイムが追加されたことにより、睡眠時間の習慣化がされた事。

そして、これは持病の癖なのですが、どんなに遅く起きても途中で目が覚めてしまい、遅く眠れば遅いほど寝不足になってしまいます。

だいたい4時に起きるのならば、その分早く寝て早く起きてしまえ!

 

つまり、逆転の発想です。

朝活も最初はしくじりの連続だった。

去年の6月に体組成計を買い換えてから、1日も体重測定を欠かしたことがありません。

それだけに、体重を測ったらあとは朝ごはんを食べて、会社に出かけるだけです。

 

最初は日テレNEWS24を見て、そのあとZip!を見て、朝ごはんを食べていましたが、それでは時間が足りません。

 

そうなった場合は8:15以降から出社してしまう羽目になり、忘れ物が多かった記憶があります。

テレビからラジオに!そうなったら、時間が2倍に増えた!

テレビからラジオに切り替えるようになってから、時間に余裕ができました。

 

そうなったら、時間が余って仕方がなかったです。

 

その時は、DMM英会話を1ヶ月やっていました。

セルビア人講師から英語の授業を受けていましたね。

 

それも1ヶ月やったら飽きました。

理由は2つ。セルビア人の仕事観がボランティア的だった。つまり、厳しい試験をかいくぐりながらも、講師の方が長続きしなかったのです。

「バカンスのために働く」という考え方が、そうさせるのでしょうか?

 

「意地でも仕事をしなければならない」日本人と大きく違います。

 

もう1つは、英語を話す機会がほとんどない事。中学生レベルの英語だったら、チャットもできますし、これ以上高いお金をかける必要もない。そう判断しました。

 

DMM英会話を休会して、空いた時間を瞑想や自分の振り返りに使うことにしました。

人間には、心のノイズを取り除く時間が必要なのです。

 

僕の場合でしたら、今、ブログを書いたり、読書したり、瞑想したりして過ごしていますね?

 

そして、6時が来る前に体重や体脂肪などのデータを紙に書き起こして、iPhoneに記録します。これがほぼ毎日続いています。

 

5時過ぎに、炊飯器が米を炊き終えてくれます。(タイマー炊飯です。)

そして、床を雑巾で拭き掃除したりしています。

 

6時が来たら、RadioキューブFM三重がネット受けしているJFN東京FMのクロノスを聴きながら朝ごはんを食べます。

 

そして朝ごはんを食べたら簡単な家事を済ませますね。(食器洗いや洗濯、部屋の掃除など。)

 

それで7時ごろに軽自動車に乗って出勤します。

夜更かしをすると、こんな害が?

夜更かしをすると、深夜テレビを見る羽目になります。

そうなった場合は、脳や心のスイッチがオフになるため、CMの洗脳が凄まじくあなたの中にインプットされます。

(最近は、タイマー録画である程度は回避できますが、深夜放送は時間を浮かせるためにCMをバンバン垂れ流します。)

 

つまり、他人のものさしで人生を生きる羽目になります。しかも、余計に疲れている状態で1日を終えるので、能動的な行動ができません。

早起きは三文の徳どころじゃなかった!

早起きをすることによって、具体的にいくら得をしたのか?計算は簡単にはできませんが、寝坊などによる労働機会損失などを回避することができるだけでも、経済効果はかなり高いんじゃないんでしょうか?

 

前もって準備することで、非常時にも冷静に対処できます。

結果、ミニマリズムにもつながると確信していますね。

 

朝からポジティブになるだけでも仕事に精が出て、やがて評価につながります。

 

今日は朝3時に目が覚めましたが、特に疲れを感じません。

こうしてブログを発信できました!

 

早く眠って、早く起きる!

これが何よりの健康の秘訣なのです!

過去記事。

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

それじゃ、またね!