Generic-Minimalist

後発ミニマリストの十六夜(izayoi)がミニマリストになって生活を改善しているブログ。

【朝ブログ】烏龍茶節約論。

f:id:einhander1341:20171115043046j:plain

9月に水筒を買って、烏龍茶を飲むようになってから節約に成功しています。

最初は痛い出費だったけど、今では元を取ってお得になっていますね。

結局、節約は長期戦だということです。

 

写真は、まだ机が散らかっていた頃(模様替え前)のもの。今はすっきりしていますね。

 烏龍茶節約論。

缶コーヒー代が積もり積もれば…。

例えば、職場の自動販売機で買う缶コーヒー。

あれって、街角では130円からだけど、職場の自販機は100円から110円、量の多いもので、120円もする。

 

あれが例え、1日1本で我慢できたとしても、週5日で110×5=550円。

月22日で、2420円もしてしまう。たまたま2本買ったらもっと費用はかさむ。

 

僕は近所の神社さんに120円のお賽銭を渡しているので、さらにかさみますね。

さてどうしようか?

友人の真似をしてみて、水筒を導入してみた。

友人が水筒を持っているので、それを使ってみた。

流石に、コーヒーを入れたら水筒が汚れるので烏龍茶を採用した。

 

水筒代が、2700円の1割引(展示現品限り)で消費税別だったので、2624円だった。

烏龍茶を水出しするピッチャーが768円だった。

 

ピッチャーは横に倒しても、水がこぼれないパッキンの優れたものを購入した。

夏季は冷蔵庫で活躍したものだ。

 

f:id:einhander1341:20171115043135j:plain

 

主な計算は、夏季と冬季で大きく違うので、それぞれで計算する。

なお、水筒とピッチャーは9月に買ったので、夏季として計算する。

夏季の計算。

水筒+ピッチャー、(2624+768)=3392円

烏龍茶パック54袋入り321円。

それを1日で2リッター入れる(帰宅後のおやつも含む)為、4袋使用。

321÷52×4=23.77円≒24円。夏季24円。

ペットボトル烏龍茶の値段が、1本140円なので、140-23=117円。117円お得になります。

 

水筒代とピッチャー代をお得になった値段で割ったら、3392÷117=28.99…≒29日。

夏季は休日でも烏龍茶を飲むので、実質1ヶ月で元を取った形になります。

冬季の計算。

2袋1リッター分を少ない水で出して、それを熱湯で割って温める。

それゆえ、2袋で2日持つことになります。

 

321÷54×2÷2=5.944…≒6円。1日6円。

(実際は夏季の残りをそのまま使用しているので、烏龍茶パックを買い直していないが、ここでは買い直したつもりで再計算しました。実際にはそれよりもお金がかかっていない。)

 

水筒代とピッチャー代は10月に元は取ったので、お得になる一方です。

缶コーヒー代110円がそのまま無くなるので、お得になる。

過去記事。

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

 

 

www.genemini.net

それじゃ、また!